ソワンの正しい使い方と間違った使い方

MENU

ソワンの正しい使い方と間違った使い方

毛穴がぱっくり開いていたり黒ずんでいる、また毛穴が詰まっているなど、毛穴に関連したトラブルを抱える女性はたいへん多いと言われています。そうした多くの女性の間で広く使われているのが、毛穴専用美容液のソワンと呼ばれる化粧品です。ソワンは、ぱっくりと開いた毛穴ケアに高い効果を発揮するという理由で、多くの女性の間でたいへん人気の化粧品であると言われています。しかし使い方次第で、その効果を十分に実感することもできれば、逆に効果を半減させてしまうこともあります。ここでは、ソワンの正しい使い方と間違った使い方についてご紹介しましょう。

 

まず、ソワンの正しい使い方について取り上げてみましょう。

ソワンを正しく使うための一つの重要なポイントは、洗顔した後すぐに適量を使うというものです。一般的に言って、洗顔後にはまず化粧水をつけるという方がほとんどであるかもしれません。しかし、ソワンの正しい使い方として是非とも覚えておきたい点は、必ず化粧水の前にソワンをつけるということです。このようなスキンケアの順序を必ず守るようにするなら、毛穴ケアの高い効果を実感することができるでしょう。

 

それで、まずきれいに洗顔した後、毛穴専用美容液のソワンを5プッシュ手に取りましょう。

この時、ケチらず、必ず5プッシュを使うようにします。これを顔全体にしっかりなじませるようにしましょう。こうして顔全体に十分になじませたら、次の段階は、化粧水をつけてしっかり保湿することです。この際に使う化粧水は、普段のスキンケアに使っているものでOKです。それがすんだら、最後の段階としてクリームをつけて蓋をしましょう。この時も、普段から使っているクリームを使うことができます。これがソワンの正しい使い方の手順です。

 

このように正しい使い方の手順に従ってケアすることに加えて、是非とも覚えておきたいもう一つのポイントは、毎日一日に二回、朝と晩に必ず使用するというものです。仮に仕事がオフのため、一日メイクをせずに過ごすような日があったとしても、朝と晩には必ずきれいに洗顔し、ソワンを忘れずにつけましょう。このように正しい方法で、継続して使うことによって、気になる毛穴も徐々に目立たなくなってくることでしょう。

 

もう一つ、是非とも試してみたいのは、ソワンを使ったコットンパックをすることです。

特に、毛穴の開きが酷いような場合や黒ずみが酷い場合には、コットンパックを試してみましょう。そうすることによって、毛穴は目立たなくなり、一層の効果を実感できるようになるでしょう。
ソワン6

では、毛穴ケアの効果を感じにくくする間違った使い方とはいったい何でしょうか。

まず、洗顔後すぐに使わないということが挙げられます。前述しましたように、ソワンは洗顔後すぐに、つまりスキンケアの最初に使ってはじめて効果を発揮します。仮に、洗顔後すぐにつけるのではなく、化粧水の後やスキンケアの最後につけているとしたら、せっかくの効果も半減してしまうことでしょう。この点で、スキンケアの順序には十分注意を払いましょう。

 

また、せっかくソワンを使ってもなかなか効果を実感できないという方の中には、毎回適量を使っていない人がいます。

つまり毎回5プッシュではなく、2、3プッシュしか使わない人がいるという報告があるのです。仮にもったいないからと言って適量を使わないとしたら、せっかくお金を出して購入した毛穴専用美容液が無駄になってしまうと言えるでしょう。思ったような効果を実感できるようにするためにも、ケチらず、必ず適量を使うようにしましょう。

 

さらにソワンを毎日は使っていない、つまり思い出した時した使っていないような場合、あるいは毎日使っているとしても一日に一回しか使っていないといった場合はどうでしょうか。やはり、このような場合も思ったような効果を得ることはできません。それで、毎日の忙しい生活に追われてついついスキンケアをおろそかにしてしまうといった方や、もったいないから毎回は使わないといった方は、是非とも正しい使い方ができるよう改善しましょう。

 

また、やはり同様の理由で顔全体にではなく、部分的にしか使っていない人がいるようです。

5プッシュで、十分顔全体になじませることができるわけですから、ケチって部分的にしか使わないといったことのないよう、必ず顔全体にしっかりつけてなじませるようにしましょう。

 

これらに加えて、もう一つ効果を感じにくくする使い方として、コットンパックをしないということを挙げることができます。コットンパックを行なうなら、酷い毛穴の開きや黒ずみにも効果的に作用し、目立たなくする効果を実感することができます。普段の毛穴ケアだけで十分、あるいはそんなに使うのはもったいないからといった理由で、毛穴の開きや黒ずみが酷いにも関わらず、コットンパックを一切しないということがないよう注意しましょう。