ソワンの匂いや使い心地を紹介。

MENU

ソワンの匂いや使い心地を紹介。

ソワンは、ケアなのトラブルのために作られた毛穴専用美容液です。

お肌の毛穴は加齢や、ターンオーバーなどに乱れによって、徐々に広がって気がついてたら、毛穴が目立って仕方がない、という状態になったりします。また、毛穴に詰まった汚れをピーリングやパックなどで除去しても、またすぐに元の状態に戻ってしまう、ということがあります。
ソワン5
ソワンには、様々な有効成分が配合されていますが、その中でもローズハチミツにはマイルドなピーリングを行って毛穴に詰まった皮脂や汚れをお肌に負担をかけることなく除去してくれます。さらに、収れん成分がお肌の引き締めを行ってくれます。収れん成分には、ハバマエキス、スギナエキスなどがあります。アーチチョーク葉エキスは、お肌が様々なダメージによって機能が低下した状態を改善して、再生能力を安定させたり水分の保持力を保つことで弾力のあるお肌へと導いてくれます。こうすることで、毛穴の汚れをとった後、あるんだ毛穴の状態をケアしてくれます。また、豊富にふくまれたビタミンC誘導体が、抗酸化作用や乱れたターンオーバーを整えてメラニンを排出しやすくしたりアンチエイジングをしてくれます。皮脂もコントロールする力があるので、お肌のトーンを明るくして健やかな状態に導いてくれます。配合されているプラセンタは、皮脂量を整えて過剰な皮脂の分泌を防いでくれます。過剰な皮脂の分泌と汚れが混ざり合って毛穴に残ってしまうと、毛穴がどんどん大きくなり、酸化した汚れが黒ずみとなって目立ってしまいます。ソワンによってこれらの汚れを優しくケアすることができます。

 

ソワンの使い心地は、とろっとした感触でお肌への伸びもよいです。

手のひらに出してみると、粘りのある透明な液体が出てきます。とろっとした感触ですが、お肌に伸ばすと馴染みがよくべたつかない感じですぐにお肌に吸収されていきます。使い方は、洗顔後に5プッシュ出してお肌に馴染ませるのですが、量があるので最初はべたつく感じですが、しっかりと馴染ませることでべたつきがなくなってきます。ソワンを使用する時は、コットンパックを行うとさらに効果的です。洗顔後ソワンを馴染ませた後、コットンを精製水に浸して絞ります。精製水は、お肌に優しく刺激も少ないのでお肌に馴染みやすく安心して使うことができます。精製水を浸して絞ったら、その上からソワンを4~5プッシュします。そのコットンを気になる部分に3~5分ほど貼り付けます。コットンを外したら、お肌に残っているソワンを顔全体に伸ばしながら馴染ませていきます。効果を高めたいからといって必要以上にコットンを貼り付けたままにしてしまうと、コットンがお肌の水分を吸収して乾燥の原因となるので注意が必要です。その後、化粧水や美容液、乳液等でお肌を整えます。こうすることで、お肌に潤いも与えて効果もあげることができます。また、コットンパックをすることで気持ちがよく、リラックスすることができます。ソワンの使い心地は、とろみがあってお肌への馴染みがよく、お肌にすぐに浸透してくれるのでべたつきません。浸透力が抜群なので、オイリー肌の方でもべたつきを気にすることなく使うことができます。

 

ソワンは、お肌に優しい処方で、合成香料、パラベン、石油系界面活性剤、着色料、鉱物油、などがフリーで安全面では安心できます。

美容液は香料が配合されていることがあり、独特の匂いを持っている場合があります。特に匂いが苦手な方にとっては、無臭の美容液を探すことが難しい場合もあります。ソワンは、基本的には無臭で気になる匂いはほとんどありません。しかし、よく匂うと収れん作用のある天然成分のような匂いがします。気になるほどではないので、強い匂いが苦手、という方でも使用することができます。

 

その他にも、毛穴を引き締めながらも適度に保湿を行ってくれるので乾燥を気にすることなく使うことができます。

無添加のなで、お肌が敏感な方でも使いやすいです。ソワンの特徴は、ビタミンC誘導体がお肌の奥深くまで浸透して代謝を整えて美肌へと整える作用、アーチチョーク葉エキスが毛穴を引き締めてくれる、皮脂量をコントロールしながらマイルドなピーリングで不要な汚れをしっかりと落とす、無添加処方という特徴があります。今まで、何をしても毛穴が開いていた、メークをしても毛穴が目立ってしまう、乾燥が気になるので毛穴の汚れを落とすことで乾燥がひどくなることが心配、などの方にソワンは向いています。ソワンを正しく使うことで、硬くなった毛穴の汚れを優しく落として毛穴を引き締めることができるので、理想のお肌に近づくことができます。また、短時間でお手軽にできるケアなので、仕事や子育てなどで忙しい方でも無理なく続けることができます。また、普段使っているスキンケアにプラスして取り入れて併用することができるのも嬉しいポイントです。